FC2ブログ

エッセイ 書けないスランプと双極性障害のピアサポート

  11, 2018 07:46
  •  0
  •  -
地元の双極性障害のピアサポートに行って来た。そこはウツでも統合失調症でも、またその家族でも参加できる。長い間行ってるから、友達になった人も多い。面倒くさかったけど、今度の作品にはピアサポートの場面もあるから、面白い話しがあるかなって思って行ってみた。

今、新しい抗うつ剤が効き過ぎて超ハイなんで、ドクターに内緒でその薬を止めたいけど、どうか?って聞いたら、ファシリテーターの人達に言われたのが、「君はしばらくウツだったから、そのくらいが丁度いい。」自分がウツだったということをすっかり忘れていた。バカみたいなオーバードースをしてたんだよね。都合の悪い事は全て忘れる。

今回のハイは、やたら縫い物をするという珍しいハイで、1週間でバッグを14個作った。シンプルなのもあるけど、トラベルオーガナイザーでジッパーやポケットがいっぱいついているのもある。今日も簡単なヤツを2つ作った。9月に日本に行くのでそれが頭にあるんだと思う。

しかし肝心な小説がなかなか書けない。そしたらファシリテーターの人が、「君はウツの時の方が書けるんだよ。」と教えてくれて、確かにそうだ!って彼に感謝した。その人も文章を書く人だし、私のことも長く知ってるから分かるのだと思う。ほんとに私は人に言われて気付くことが多い。

書けない。もう少し気分が落ちるまで待つしかない。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0 Comments

Leave a comment